FC2ブログ

僕の好きな曲:『花束を君に』 by 宇多田ヒカル - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲:『花束を君に』 by 宇多田ヒカル

僕の好きな曲:『花束を君に』 by 宇多田ヒカル

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

定額制音楽配信サービス「AWA」の3ヶ月無料体験も終わりが近づいてきた。

実際に利用してみて気付いたことは、「洋楽は強いが、邦楽が非常に弱い」ということ。

あえて名前は挙げないが、なにしろ邦楽の大物クラスの曲がほとんどと言っていいほど配信されていないのである。

自分の作品を安売りしたくないという気持ちもわかるが、もう時代は変わっている。過去にレコード、CDでは散々大儲けしたのだから、ここは音楽ファンのために主要な作品ぐらいは配信してほしいものだと心の底から思った次第。でなければ、このすばらしいサービスも日本で定着するにはまだまだ時間がかかるだろう。

と、個人的な小言はこれぐらいにして、さすがと思ったのが宇多田ヒカルである。なにしろ、ほとんどの作品が配信されているのである。

ただ僕は今まで宇多田ヒカルの才能は認めつつも、実はそれほど好きなアーティストではなかった。つまりヒット曲は何曲か知っていたが、アルバムを買おうとまで思ったことは一度もないといった風である。そこで、この機会に彼女の作品をまとめて聴き直してやろうと思ったわけである。

聴き直して思ったのは、やはりオレには合わないな、ダメかなということだった。2016年のアルバム『Fantôme』を聴くまでは・・・。

つまり、僕は彼女の一番新しいアルバムでついに宇多田ヒカルに目覚めたのである!(笑)

このアルバムはファンの間では重いとか暗いとか言われているようだが、今まで完全に部外者だった僕にしてみればなんのなんの、このアルバムは重くも暗くもない。彼女のアーティストとしての才能がいよいよ円熟の域を迎え、さらに大きく花開こうとする記念碑的な作品であると思う。

いや、本当にびっくりした。宇多田ヒカルは真に世界クラスの才能を持つ日本の宝であると思う。いや、むしろ彼女はさまざまな紆余曲折を経て今まさにそのステージまで成長を遂げたと言ったほうが正しいかもしれない。

日本が誇る本物の才能。本物のアーティストである。

というわけで、僕にとって『Fantôme』以前の彼女はそれほど重要ではない。だが、『Fantôme』は間違いなく長く聴き続けるアルバムになるだろう。

そして、中でも『花束を君に』は名曲中の名曲。平成の日本を代表する1曲として長く僕の心に残るだろう。

世間の評価はどうか知らないが、宇多田ヒカルはアルバム『Fantôme』で化けたと思う。そしてこのレベルの作品を作り続けるかぎり、僕はいつまでも彼女を追いかけ続けるだろう。

折しも彼女の最新アルバム『初恋』が発売されたばかりである。そして、あまりにも『Fantôme』の衝撃が大きかったものだから、僕は『初恋』を聴くのを躊躇してしまっている。聴く決心ができるまでにはまだもう少し時間がかかるだろう。

参考:
宇多田ヒカル 『Fantôme』

宇多田ヒカル 『初恋』

広告リンク:
あなたはなぜ稼げないのか?理由があります。
4時間超の無料動画であなた自身が確認してください。

コメント
非公開コメント

No title

お邪魔します。

「花束を君に」 は、NHKの朝ドラ 「とと姉ちゃん」 の主題歌だった曲ですね。 ドラマウォッチャーの私はこのドラマ、正直つまんなくて途中リタイアしたのですが、一昨年だったか、「今年にリリースされた日本の楽曲の中ではダントツに一位」 と認定した曲でした(そしてここ数年、日本の楽曲でそのような気持ちになることは皆無)。

この曲とカップリングされていたと思う 「真夏の通り雨」 だったかな(正確なタイトル忘れた…笑)も双璧をなすほどの名曲。 この2曲、私は宇多田ヒカルが自分の亡くなった母親、藤圭子に向けて作った歌だと踏んでいます。 カーステで聴いていると特に後者は涙があふれて運転するのが危険な状態になる(同様に危険な曲は 「ヒア・トゥデイ」(ビーチボーイズじゃなくてポールのね。 歳をとるほどこの曲は泣ける)。

この2曲に共通するのは、「削ぎ落とされた完成度の高い歌詞」。 この人はホントに天才的な詩人だと思います。
「花束」 の詞を注意深く読んでいると、化粧をした君というのは、死に化粧をした自分の母親だということが分かります。 「通り雨」 では母親の葬儀が終わったあとにこみ上げる思いが描かれていることが分かります。

山下達郎の近作、「リボーン」 でも亡くなった近しい人について歌われているのですが、この曲も名曲。

日本はもう高齢化社会なのだから、このように、「人を好きになった」「惚れたはれた」 という発想から脱却した曲がもっと増えてもいい気がします。

そうだ、最近の日本の歌ですごいいいと思ったのは、薬師丸ひろ子の 「こころにすむうた」。 これも惚れたはれたとは無縁の歌です。

2018-07-14 12:24 │ from 橋本リウURL

No title

リウさん

リウさんも好きでよかった(笑)。『真夏の通り雨』も同感です。

不思議なんですが、このアルバムの数曲にはビートルズを初めて聴いたときのような「ただならぬ異様な空気感」を感じるんです。

年とってヒカルちゃんホントに良くなった。中島みゆき、ユーミン、竹内まりやに追いつき、追い越せる日本で唯一無二の存在。ブラボー。

2018-07-14 14:26 │ from Macca Go Go Go!管理人URL