FC2ブログ

ニューアルバム リリース情報まとめ(1) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » ニューアルバム リリース情報まとめ(1)

ニューアルバム リリース情報まとめ(1)

今後はニューアルバム関係の情報はこの記事にまとめていきます。

6/14追記:
信頼度★★(最高は★5つ)
先日シークレットギグで披露された新曲の曲名は『カム・ホーム・トゥー・ユー(Come Home To You)』
アルバムは6月15日(金)に発売。

管理人のコメント:さすがに15日発売はなかろうて・・・。


6/16追記:
信頼度★★
新曲『カム・ホーム・トゥー・ユー(Come Home To You)』はニューシングルである。

管理人のコメント:前作のファーストシングル『NEW』に比べると、やはりシングルにしては少し弱い気が・・・。よほど録音が良くないとこれは苦戦か?でもまだ決まったわけではない。


6/17追記:
3枚の連続写真がネット上に出回る。
今回のニューアルバムとの関連性は未だ不明だが、アルバムタイトルは『マッカートニーⅢ』ではないかという憶測も流れている。

11.jpg

22.jpg

33.jpg


管理人のつぶやき:当然ニューアルバム関連の画像であろうと推測する。『マッカートニーⅢ』は長年多くのファンから待ち望まれてきたタイトルであるし、それならそれで個人的には大歓迎だが・・・。


6/17追記2:
さらに新しい画像がネット上に公開された。

35415271_10156672330653313_3035658231700520960_n.jpg

管理人のコメント:
一見鉄道のチケットのように見えるが、刻印されているN.B.R.の文字は実在するイギリスの鉄道会社North British Railwayの略ではないかとの指摘がある。
調べたところ、たしかにNorth British Railwayは実在しており。ポールにゆかりの深いスコットランドの鉄道会社であることが確認できた。
また最初に公開された手書きのイラストも、鉄道のトンネルをモチーフにしているものと思われるし、このチケット自体がカセットテープのように見えるのも興味深い。

問題はなぜ鉄道なのか?というあたりだが、ポールの新しい音楽への指定席チケットなどと考えるとなかなか面白いのではないだろうか。
また列車をテーマにした曲が収録されていることなども考えられる。
なかなかじらしてくれるが(笑)、もうこのあたりでニューアルバム詳細の公式発表があってほしいものだ。
アルバムタイトル『マッカートニーⅢ』の噂もまだ根強いが、僕個人としてはその線はなくなったのではないかと思っている。

まるで長いトンネルを抜け出したかのような衝撃のマッカートニーサウンドが聴けることを期待したい。

そういえば明日はポールの誕生日。なにか重要な発表があるかも?


6/18追記:
さらに新しい画像がネット上に出現。

Df57AEhWkAImRJo.jpg

管理人のコメント:もう謎かけはやめてくれ~(笑)。ファンの間では切れている文字はEGYPT STATIONではないかという噂が流れ、それがアルバムのタイトルではないかとも議論されている(個人的にはあまり歓迎したくないタイトルだが・・・)。またトンネルのように見える画像は、ピラミッドではないかという人もいる。というわけで、エジプトになんらかの関係がありや、なしや?
謎は深まるばかりだ。ポール誕生日おめでとう!!


6/18追記2:
さらに新しい画像がネット上にアップされ、どうやらエジプトに関係することはほぼ間違いがなさそうな展開になってきた。
消えている文字も「EGYPT STATION」と読むことが可能のようだ。
果たしてニューアルバムのタイトルは『EGYPT STATION』となるのか、それともアルバムとは関係がなく、たとえばエジプト(ピラミッド?)でのコンサートを意味しているのか?そろそろ公式アナウンスがあってもよさそうな雰囲気なのだが・・・。

Df9UeVbXcAI_Qgk.jpg

管理人のつぶやき:ポールの遊び心についてゆく余裕がない私・・・。早く公開してくれ~。


6/19追記:
ポールがインスタグラムでついに明らかにした『EGYPT STATION』!
以下が約11秒の動画である。しかし、まだこれがニューアルバムのタイトルであるかは不明だ。



管理人のつぶやき:予想もなかなかいい線いっていたな。しかし、いつまで続くのか・・・。


6/29追記:
衝撃のニューシングル発表から早や10日が過ぎた。

このあたりで一度ニューシングルの個人的な感想と、9月7日発売のアルバムについて思うところを書いておきたい。

まず新曲2曲のプロモーションだが、別記事でも紹介した『Carpool Karaoke(ポールと車でカラオケ)』のYouTubeビデオの再生回数が6/29日現在2100万回以上というとてつもない回数を記録している。

再生回数はその後も増え続けており、今後もポールの新作リリースにとってこれ以上ないプロモーションになるものと思われる。

この結果、世界各国のiTunesストアのチャートでは一時的に新曲2曲が急上昇した。2曲のうちでは『Come On To Me』のほうが人気が高く、一時はアメリカで20位内にランクインするなど、最近のポールにはない動きを見せた。

20位内というとポールにしてはたいしたことないと思うかもしれないが、特に2000年以降アルバムはともかく、シングルに関してはポールの曲が100位内にチャートインすること自体がほとんどなかった。ゆえに個人的には本当にびっくりした次第なのである。

というわけで、新曲のプロモーションは見事成功という形になったと思う。


さて両A面で発売されたニューシングルについてだが、これら2曲に関するかぎり非常に完成度の高い楽曲になったと思う。

ポールにしては意外なほどバラード系のシングル自体が長い間なかった気がするし(『I Don't Know』)、ロック系の『Come On To Me』とカップリングしたことで、バランスもバッチリである。過去のシングルでは『夢の旅人/ガールズ・スクール』なんかを思い起こしてしまう・・・。

2曲に共通していえるのは、楽曲自体の良さと、作品としてのまとまりの良さであろうか。プロデュース能力の高さは歴然であり、もしこれが今回メインプロデューサーに起用されたと言われるグレッグ・カースティンの仕事であるとすれば、その実力の高さは認めざるをえないし、当然アルバムも期待できるものになると思われる。

サウンド的にはバンドのサウンドというよりは、ポールが過去単独で手掛けた作品により近い印象がある。これまでに公開されたスタジオワークの写真も一人だけで写っているものばかりであることから、おそらくアルバムはベーシックトラックはすべてポール単独で録音し、そのあとコーラスや他のアーティストによる演奏をかぶせていったものではないか・・・などと勝手に想像しているのだが・・・。

まずはシングルで聴こえる女性コーラスの主は誰か?またリンゴも参加しているのではないかという噂もあり、参加ミュージシャンの発表が楽しみだ。

アルバムの収録曲数だが、iTunesでシングルをダウンロードすると、アルバムの2曲目が『I Don't Know』、3曲目が『Come On To Me』になっていて、16曲入りと読める。16曲というのはかなり多い印象だが、ボーナストラックを含めた曲数になっている可能性もある。なお、アルバムの1曲目と最後の曲はインストゥルメンタルということである。

それにしてもアルバム発売日の9月7日まではちょっと長すぎる気がしてしまう。

しかし、ここまで間を空けるのには、それなりの理由があるのではないか。

僕個人は、新しいツアーの発表とアルバムの発売を合わせてキャピタルが大々的なプロモーションを展開してくるのではないかと予想している。さらにもう一つぐらい隠し玉を用意してくれれば、さらに盛り上がること間違いなしだ。

ポールの絵をベースにした今回のアルバムジャケットはすばらしいと思う。

しかし、今回の日本語の商品説明はひどいな・・・。


7月4日追記:
ニューアルバム『エジプト・ステーションのミニ情報です』

・今回プロデューサー、グレッグ・カースティンと録音した曲数は合計20~25曲。
アウトテイクとなった曲も今後なんらかの形で発売される予定。

・アルバムの中で1曲だけライアン・ラダーがプロデュースした曲が含まれているが、これはグレッグ・カースティンのスケジュールが合わなかったため。基本的にすべてのセッションはグレッグ・カースティンと行われた。

・グレッグ・カースティンは現在49才だがビートルズの大ファン。一番好きなアルバムはリボルバーだという。

・アルバムは数曲を除いてほとんどの楽器をポールが演奏するスタイルとなった。

・約7分間という大作 “Despite Repeated Warnings”はポールにとって特別重要なな1曲になる可能性がある。

・アルバム制作に費やされた時間は合計で4~5か月。主にツアーの合間を縫って2~3年かけて制作された。

9月7日発売 ニューアルバム『エジプト・ステーション』



広告リンク:
現役女子高生がグラビアに!
口コミ数No.1の電話占い

コメント
非公開コメント

Archive Series

管理人さん、大変ご無沙汰致しております。
お元気でいらっしゃいますか?遠藤平吉です。

Paulのニューアルバムですか・・本当に楽しみなんですけど、本年中のリリースはあり得るのでしょうかね・・

管理人さん、昨日ラジオ番組での情報ですが、もしかしたら本年中にはArchive Seriesが発売になるかもしれないとの事ですね。
二作同時リリースで「レッド・ローズ・スピード・アウェイ」と、「ワイルド・ライフ」で、この二作は既に決定済みみたいですが、発売時期はまだ未定みたいです。

私自身としましては、「ロンドン・タウン」が第一希望でしたけどねぇ~(苦笑)。

ラジオ番組とはラジオ日本をキーステーションに全国ネットされています「Beatles 10」という番組です。もう13年くらい続いている長寿番組です。

ニューアルバム発売前には、ネット配信の新曲が発表になるかもしれないですね。
あとBeatlesの「ホワイトアルバム」の50周年記念アニバーサリーバージョンが秋頃に出るかも?という情報もありました。

秋頃にはリリース・ラッシュかも・・・
以上でした。

2018-06-17 09:20 │ from 遠藤平吉URL

Re: Archive Series

遠藤平吉さん

ごぶさたしてます。情報ありがとうございます!

アーカイヴは『レッド・ローズ』と『ワイルド・ライフ』で決まりですか。知りませんでしたが、個人的にはあまり興味湧かないかなぁ~(笑)。ボーナス音源に期待します!

ビートルズ10は聴いたことないんですが、ファンの間ではかなり有名な番組のようですね。

ポールのニューアルバムはホワイトアルバムより先に出ると予想しています。売上が食われないため(笑)

2018-06-17 11:09 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

No title

お邪魔します。

まずは大阪の地震ですが…今のところ第一報のみで被害の実情が明らかになるのはこれからだ、と思いますが、大阪のみなさんのご無事を祈ります。

「ビー10」 で毎年誕生日恒例の 「ポールマッカートニー10」 ですよね、遠藤サン! 私もヘビーリスナーですよ! こちらのコメント欄でもだいぶ言及したことがあるのですが、管理人様はご興味がおありでないようで…(笑)。

それにしても昨日のポール10、第10位にはビックリしましたよ! 知らない曲なんだもん(笑)。 いや~、ビー10リスナーの知識には脱帽です(笑)。 「なになに?」 というかたは、ラジコのタイムフリーで聴きましょう(1週間限定です)。

ポール10では 「プレス」 が14回の歴史のなかで初チャートインしましたが、私これまで一顧だにしなかった(でもないけど) 「プレス・トゥ・プレイ」 をこのところ注目しています。 当時は気に入らなかった過剰な音づくりが、最近のEDM(エレクトリックダンスミュージック)の源流みたいな感じでかなり新鮮に聞こえるんですよ。 どうもリアルタイムで聴いていると 「ポール、そりゃ違うだろ」 という気分になることがポールの音楽を聴いてきた歴史の中でたびたびあったのですが、後世評価を変えていくアルバムというのはこれからどんどん出てきそうな気がします。

ニューアルバムは、まあぼちぼち期待してます(ハハ…)。

2018-06-18 08:48 │ from 橋本リウURL

No title

リウさん

大阪の地震、震源が実家の近くだったので肝を冷やしました、がとりあえず家族は無事だったとのことでホッと一息ついたところです。

ビートルズ10、今までスルーしてすいませんでした(汗)。もはや生活の中でラジオを聴くという習慣がなくなってしまいましたので。

『プレス・トゥ・プレイ』は後世により受け入れられるアルバムになるでしょうね。

ニューアルバムをぼちぼち待てるというのは大人の余裕でしょうか。私はポールの新譜だけは正気ではいられません(笑)

2018-06-18 11:36 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

No title

ニューアルバム 楽しみです。じらさないで

2018-06-19 10:30 │ from kenURL

No title

kenさん

早く全貌が知りたいですね。リアルタイムでポールの新譜が聴ける私たちは幸せです。

2018-06-19 20:12 │ from Macca Go Go Go!管理人URL