FC2ブログ

微妙な再発盤 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » 微妙な再発盤

微妙な再発盤

5月18日に4枚のアルバムが再発売されるという。

「2018年度カタログ・リイシュー」と体裁のいいタイトルがつけられてはいるが、ようするに旧盤の再発売である。しかも僕の目から見れば「かなり中途半端な」リリースに思える。

今回再発売されるタイトルは以下の4枚:
『スリリントン』
『ウイングス・グレイテスト・ヒッツ』
『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造』
『NEW』

そして各々が3種類の形態で発売される。

1つ目が「日本盤のみの紙ジャケCD」 税込2880円

2つ目が「180g重量盤アナログLP」 税込4320円

3つ目が「ユニバーサル ミュージック・ストア限定 180gアナログカラーLP」 税込4860円





まず気になるのが値段である。

旧盤で、しかもボーナストラックもなしで、なんじゃこの値段は?と言いたくなる(笑)

相変わらず日本人はカモにされてますな・・・。

なにしろ、肝心の音質については全く言及されていないのも気に入らない。

再発するなら、せめて音質の向上とかファンにとってメリットとなるポイントがあってしかるべきであるが、そのあたりがまったくもって不明瞭である。

ということは、つまり音については何も変わってませんよ、ということなのだろう。


ほんとにこういう意味不明なリリースはやめていただきたい、と言いたいところなのだが、ポール自身が監修してリリースにGOサインを出しているのだから仕方がない。

きっとキャピトルとの契約履行のための苦肉のリリースという側面などもあったりするのだろう。まあそのあたりは推測の域は出ないのだが・・・。

かくして、「次のリリースはニューアルバムかアーカイヴのどちらか」という僕の予想は見事に外れて、中途半端な再発盤でお茶を濁されたという結果になりましたとさ。ハァ~。

といわけで、今年前半は「カタログ・リイシュー」で終わり。そのあとに続くものがニューアルバムか、もしくはアーカイヴリリースということになるであろう(おそらく秋から冬にかけて)。

とはいえ、個人的には一番買う可能性があるのは『ケイオス』である。なにしろ、僕が持っているオリジナルCDはコピー不可の悪名高きCCCDであった上に音圧がバカ高いという本当に困った代物であった。

コピーできて、音圧がアーカイヴ並みに調整されていれば、それだけで買う価値はあろうかというものだ。

『スリリントン』はアーカイヴのボックスセットに同梱されていたが、0.5回しか聴いていないし、『NEW』はすでに2回買っているので不要、『ウイングス・グレイテスト』はベスト盤がなかった当時だからこその作品ということで、これも僕にとっては不要ということになる。

というわけで、あまり真剣に考えると腹が立つので、今回のリリースはなかったことにして軽く流すこととする。おわり(笑)。

参考:ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造(紙ジャケット仕様)

コメント
非公開コメント

No title

お邪魔します。

メルマガで 「ポール・マッカートニー…」 というのが来てて、スワ、来日公演決定か?と思ったらこれでした。 なるほど、イミネーっ!ですね。

これは以前コメントで書いたですかね? 最近出た紙ジャケの再発で、「ヴィーナス&マーズ」 の音飛びが修正されてなかったこと。

要するに、サウンドチェックとかクレームチェックとか、一切してないんでしょうね。

ところで 「ケイオス&クリエーション」 を買い直そうとされているみたいですが、わざわざ正規盤なんか買う必要ないですよ。 輸入&中古品でじゅうぶん。 ユニバに儲けさせる必要なんかまったくないと思います。 私はかつて買ったCCCDを、そうして買い直してます。

しかし私の 「ケイオス&クリエーション」 は、CCCD表記こそないものの、先にお話しした通りPCが受け付けてくれませんでした。 なんなんだか。

「スリリントン」(笑)。 私も1回しか聴いてないですね(爆)。 以前はスゲーレアアイテムで話だけで垂涎だったんですけどね(爆×2)。 こんなにどーでもいい代物とは思いませんでした(ハハ、ハハ…)。

ところで音圧が違う、という件ですが。

私が使っているiPodは、そんなに効果があるわけではないですけど、iTunes画面のアルバムジャケットにカーソルを合わせて右クリックし、「プロパティ」 から各アルバム、さらに各曲ごとの音量調節とか出来るんですが、管理人様のものはどうなんでしょう?

2018-03-31 07:48 │ from 橋本リウURL

No title

リウさん

ヴィーナス・アンド・マースは音飛び修正されてなかったんですか・・・。

なんという腐った世の中。ポールの作品までもが単なる金儲けの道具と化してしまってますね。どいつもこいつも音楽への愛といったものがないのか!

いやあ、ほんとに悲しくなりますね。だからこの件は記事にしたくなかったんだ(苦笑)

音圧の件に関しては、情報ありがとうございます。ノーマライザー使う方法とかもありますよね。

こうやって批判的な記事書いても、ちゃんと正しいリアクションしてくれるリウさんに感謝です(笑)。

2018-03-31 23:51 │ from Macca Go Go Go!管理人URL