FC2ブログ

イーグルス『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 未分類 » イーグルス『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』

イーグルス『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』

最近一番聴いているアルバムはイーグルスの『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』である。

僕にとってイーグルスは最も好きなグループの一つなのだが、2007年の発売当時からこのアルバムは全く聴く気にならなかった。

理由の一つは一度解散したグループが28年ぶりに発売したアルバムであるということ。

全盛期の彼らの凄さをリアルタイムで知っている僕としては、30年近くも年を取ったオジサンたちがどんなにがんばったところでどうせロクな出来にはならないだろうと思い込んでいたのである。

実際そんな例はこれまでにもイヤというほど見てきた。主に経済的な理由からのツアー、そしてアルバム制作。簡単にいえば僕はガッカリしたくなかったのである。


もう一つの理由はアルバムが2枚組であったこと。

ただでさえ散漫になりそうな28年ぶりのニューアルバムなのに、長々と2枚組を聴くのかと思うとそれだけで気が重くなった。ましてやわざわざお金を出してまで聴こうという気にはならなかった。音楽は僕にとってもはや絶対に必要なものではなくなってしまっていたことも理由の一つでもあった。

かくして発売からあっという間に10年という月日が流れてしまった。

もしもアマゾン・ミュージックというものがなかったなら、ひょっとしたら僕はこの傑作を一度も耳にすることなくこの世を去っていたかもしれない。

ともかくアマゾンプライムのおかげで僕はこのアルバムに手を伸ばし、そしてその完成度の高さに驚嘆することになる。


僕は頭の中が真っ白になった。これが28年ものブランクがあったグループなのか??

絶対に信じられなかった。

しかしイーグルスはやっぱりスーパーグループだった。もしも、このアルバムが『ロング・ラン』の2年後に発売されたと聞かされたとしても、僕は何の疑問も抱かなかっただろう。それぐらい何も変わっていないイーグルスサウンドがそこにあった。

驚くべきことに28年という時間は、このスーパーグループの創造性になんら影響を及ぼさなかったのだ。少なくとも悪い方には・・・。

すばらしい演奏、すばらしいヴォーカル、そして完璧なハーモニー。往年のイーグルスがそこにいた。

一つだけ大きな違いがあるとすれば、それはメンバー全員が音楽を心から楽しんでいることが掛け値なしに伝わってくることぐらいだろうか(もちろんそれはいいことだ)。

聴いているだけで心が温かくなり、なんだかホッとするような、そんな安心感を与えてくれるアルバムでもある。


昭和という時代は洋楽の黄金期でもあった。

今や時代は変わり、音楽も変わった。

しかし、最高の音楽はいつの時代でも最高であることをこのアルバムは改めて僕たちに教えてくれた気がするのである。

全米、全英第1位獲得。

ありがとうグレン・フライ、ありがとうイーグルス。

ロング・ロード・アウト・オブ・エデン(CD)

アマゾンプライム

コメント
非公開コメント

『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』
とても素敵なアルバムですよね。私も好きです。
管理人様のようにイーグルスの全盛期をリアルタイムで接して来られた方にとっては 30年近くブランクを空けての新作発表には 複雑な思いもあったのですね。

個人的に イーグルスの再結成で思い入れが強いのは 1994年に発表されたアルバム『ヘル・フリーゼズ・オーヴァー』なんです。
新曲4曲とライヴ音源11曲で構成された内容でしたが、新曲の4曲全てが佳曲ぞろい、ライヴ音源も意表を突く、アコースティックギターでの「ホテルカルフォルニア」など 後追いファンだった私も やっぱりイーグルスは最高!と興奮した事を 懐かしく思い出します(笑)

再結成したイーグルスが活動を軌道に乗せ、新しいアルバムを発表してくれる日も近いだろうと 当時は期待していました。次は全て新曲のニューアルバムをと 心待ちにしていましたが・・ まさか次の『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』まで十数年待たないといけなかったとは・・

その間に、ギターのドン・フェルダーが脱退したり紆余曲折がありましたが、イーグルスとして これからも活動を続けていくという強い意思を『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』から感じました。

イーグルスは楽曲も良いですが、メンバー全員がヴォーカルを担当しているのも特徴的ですよね。個々のメンバーも凄い人達ばかりです。
ワン ダイレクションが、ビートルズに次いで2番目に ソロで3人が全米No.1を獲得したというニュースがありましたが、私はこの記録を ビートルズの次に達成するバンドがいるなら それはイーグルスしかいないと思っていました。

私はイーグルスのメンバーの中では、グレン・フライが一番好きですね。
アルバム『オン・ザ・ボーダー』に収録されている「イズ・イット・トゥルー?」ボーカルはランディ・マイズナーですが、私はイーグルスではこの曲が 特に好きで、この曲では グレン・フライが印象的なスライドギターを奏でており、これはライヴで聴きたかったと思いますね。
ギタープレイ以外でもグレン・フライ自身のヴォーカルは どの曲も味わい深く、特に彼が歌うバラードは本当に心に染み入ります。

流行の音楽も様変わりし、ロックが全盛だった時代の偉人達も 次々と天国へ旅立っています。グレン・フライが亡くなったニュースを聞いた時は 本当にショックでした・・ 悲しく寂しい限りですが、残された素晴らしい音楽は不滅ですよね。

管理人様の記事で 久しぶりにイーグルスを聞き返してみようと思いました(笑)
グレン・フライよ 素晴らしい音楽を有り難う。そしてイーグルスよ永遠に・・

2017-11-29 22:21 │ from テツURL

No title

テツさん

いつもながら熱いメッセージありがとうございます。

Is It True ポールとジョージが合わさったようないい曲ですよね。

私もイーグルス過去アルバムに遡って改めて聴き直しています。

結果的に『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』はイーグルスのラストアルバムですね。グレン・フライのいないイーグルスはイーグルスじゃないから。

2017-12-01 22:15 │ from Macca Go Go Go!管理人URL