ディアゴスティーニ ザ・ビートルズ・LPレコードコレクション - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ » ディアゴスティーニ ザ・ビートルズ・LPレコードコレクション

ディアゴスティーニ ザ・ビートルズ・LPレコードコレクション

有名なディアゴスティーニのシリーズがついにビートルズのレコードにも・・・という感じ。

しかもアナログ(LP)レコード限定のシリーズときた。(LPという響きがすでに懐かしすぎる・・・)

僕は当然買うつもりもないが、アナログレコードを知らない若い世代の人たちはCDとの音の違いやジャケットの大きさにきっと驚くだろうし、まったく無意味な企画ではないかな、などと個人的には思っている。

しかし、書店で実物を見かけたときは思わず手に取り、ノスタルジーをかき立てられてしまった。

ザ・ビートルズ・LPレコード 創刊号 初版限定特価 (ABBEY ROAD) [分冊百科] (LPレコード付) (ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション)

ディアゴスティーニ公式サイト

コメント
非公開コメント

No title

お邪魔します。

最近出るレコード盤というのは、180g重量盤、というのが標準みたいですね。 '70~'80年代にレコードを買いまくっていた私にはびっくりするほど重い感覚です。 いや、私だけでなくひと世代上のかたにしても重量感があるでしょう。 私の手持ちの古いレコードで 「重い」、と感じるのは石原裕次郎の古いベスト盤くらいしかない(笑)。 あとは美空ひばりの78回転のEP。 メチャクチャ重いです。

盤が重いと音が安定するような感覚はあります(気のせいかも)。 それと、カッティングの技術が向上しているのかな? 昔買っていたレコードでは、ともすれば 「隣の溝の音が聞こえてしまう」、という現象がよくあった。 曲が始まる前からその曲の出だしがかすかに聞こえる、みたいな現象です。 最近のレコードには、それがないんだなー。 デアゴスティーニの盤なんかインナーグルーヴ空けまくりで溝の間が狭そうなのにそれがない。 これって重量盤が関係しているとは思えないんですけどね。 重くなったからって溝の構造に変化はないでしょう。。

あと、昔の東芝のレコードは、エバークリーンレコードといってほかの会社のレコードに比べるとダンチでホコリがつかなかったけど、今はつきまくりです(ハハ…)。 だからクリーナーで拭かなきゃならんのですけど、これも溝に沿って、というのが常識なんですが(笑)今どきの若い人たちはCDを拭く要領でタテに拭いちゃうんでしょうか?(拭くということすら分かんないのかもしれない…)

ともかくビートルズと言えば、やはりレコードで聞いていたのが普通だったのですから、レコードで聞かないとあの頃の気持ちを体験することはできない気がします。

2017-11-27 08:00 │ from 橋本リウURL

No title

リウさん

中身の濃いコメントありがとうございます。(記事より面白いやんけ!(笑))

180gって昔と同じなのかと思ってましたが、昔のより重いんですね。美空ひばりの78回転は今や貴重なのでは?

LPにスプレーシュー、ふきふきというのありましたよねぇ(笑)。メチャ懐かしいです。若者はちゃんと溝に沿ってふきふきするように(笑)。

日本人ってそのあたりも繊細なんですよね。昔アメリカ行って驚いたことの一つが、LPジャケットにレコードがむき出しのまま入っていたことでした(笑)。

2017-11-27 14:03 │ from Macca Go Go Go!管理人URL