ポール・マッカートニー東京ドーム2017 観戦記 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 日本公演2017夢日記 » ポール・マッカートニー東京ドーム2017 観戦記

ポール・マッカートニー東京ドーム2017 観戦記

この記事はネタバレが含まれます。

4月27日、東京ドーム初日のコンサートに行ってきた。

20数年ぶりのアリーナ観戦。

場所はDブロックでアリーナの中ではやや後ろのほうだったが、ステージはほぼ正面で全体が見渡せるすばらしい席だった。

もちろん肉眼でポールの顔までは確認できなかったが、「ああ、今現実にポールがあそこにいて演奏してるんだ」と実感できたのは幸せだった。この気持ちはやはりスタンド席では味わえないものだ。

もう一つ驚いたのは、音がとてもよかったことだ。

前回2015年の東京ドーム公演では、音があまりに悪いと当ブログで散々文句を言ったものだが、今回はそんな自分が恥ずかしくなるぐらい音がよかった。1990年の初来日公演ではAブロックのアリーナで数日間耳鳴りが止まらないほどの爆音だったが、今回は音量も大きすぎず、耳にも優しかった。これはあくまでも推測に過ぎないが、サウンドチェックはアリーナの真ん中あたりを基準に音量設定されているのではないかと思った。それぐらい音のよさには天と地ほどの差があったことを記録として残しておきたい。


さて、まずは何をおいてもセットリストである。

今回の日本公演では残念ながら僕が予想した「新曲披露」も「世界初公開」もなかったが、僕たち日本のファンにとっては近年にないほど曲目変更を「実感できた」コンサートになったと思う。

しかも、しかもである。驚くなかれ武道館公演よりも東京ドーム初日のほうが演奏曲目が8曲も多く、演奏時間も長く、選曲もよかったという現象が起こってしまったのである。武道館に足を運んだ方々には悪いが、もし僕が今回大枚をはたいて武道館に行っていたとしたら、きっと怒りが収まらなかったことだろう。10万円のコンサートより1万8千円のほうが内容がよかったのだから・・・。

むろん武道館には武道館にしかないよさというものがあるだろう。しかし、世界の中で日本だけ10万円チケットというのはやはりおかしいし、あまりにも異常である。この料金を取るのであれば、僕はポールから観客に1万円程度の「他では手に入らない特別な」プレゼントぐらいあっても何の不思議もないと思っている。ましてや、ドームより曲目が少なくなるなんてもっての他である。

もう10万円武道館は今回限りにしてもらいたい。どうしてもやるのなら5万円くらいが上限ではないだろうか。

大好きなポールだからあまり批判はしたくないが、とにかく良くないものは良くないのである。特に最近日本では言論弾圧の風潮があるだけに、ポール側の人間からの意見としてあえて書かせていただいた次第だ。


では当日のセットリストを順番に見ていこう。

オープニングは『ハード・デイズ・ナイト』。

僕がこのオープニング曲にこれまであまり賛成できなかったのは、ポールの声がこの曲にまったく乗っていないと感じていたからである。『エイト・デイズ・ア・ウィーク』を100とすると、50ぐらいという感じだった。

しかし!!この日はポールの声がこの曲にしっかりと乗っかっていると僕には感じられた。

ここでポールの声の調子について簡単に触れておきたいのだが、ポールの調子は高音がきれいに出ているかどうかというところにどうしてもフォーカスされがちなのだが、実は中低音部がカギであることが最近わかってきた。高音があまり出ていなくても、中低音がしっかり出ていれば、全体としての印象がとてもよくなるのである。

4月27日のコンサートがまさにそれで、たとえば『メイビー・アイム・アメイズド』の高音域はかなり危なかったが、中低音域がしっかりしていたので全体としてはとても満足の得られるパフォーマンスになった。

これの簡単な指標としてはポールのMCの声を確認することである。本当に声の調子が悪いとき、ポールは通常の会話さえもかすれて聞き取りにくくなってしまうからだ。だが、昨日のコンサートでは会話の声は全く問題がなかった。つまり、調子がいい日だったということなのだ。

2曲目は『ジュニアズ・ファーム』(日本初公開)。武道館では『ジェット』だったが、僕はある意味耳タコな『ジェット』よりは『ジュニアズ・ファーム』のほうが断然よかった。パフォーマンスもすばらしかった。これでつかみは完璧である。

以下は個人的に特に印象に残ったシーンをピックアップしてお届けする。

『レッティング・ゴー』 
『ジュニアズ・ファーム』と共に個人的にライヴでどうしても聴いておきたかった曲。夢が叶った。演奏もすばらしかった。

『テンポラリー・セクレタリー』
初公開時はかなり話題になったが、その後やったりやらなかったりだった。が、ここにきて日本でやってくれて本当によかった!聴けてよかった!

『イン・スパイト・オブ・オル・ザ・デインジャー』
「オー、オー、オー、オー」を合いの手で合唱できるところがとてつもなく気持ちがよかった。あー、ポールと一緒に歌ってると実感できる、一体感を感じられる曲だった。観客参加型の曲はよろしい。これは今後も定番でもよいかも。

『ラヴ・ミー・ドゥー』
ポールの声の調子がいいので、この割と普通の曲もとてもすばらしく聴こえた。今日は同じような瞬間が他の曲でもたくさんあった稀有なる日であった。

『ユー・ウォント・シー・ミー』
これも死ぬまでに1度はライヴで聴きたかった曲の一つ。本当にすばらしかった。観客がコーラスを担当している気分になれるこれも参加型の曲。「ウー、ラ・ラ・ラ♪」これは気持ちいい。

『ブラックバード』『ヒア・トゥデイ』
今日はヴォーカルの調子がもろに出るアコースティックの曲で、改めてポールの凄さを思い知らされた。感動した。本調子のときのポールは世界中のどんなヴォーカリストもかなわない。まだまだ現役、まだまだいけるぞポール。

『フール・オン・ザ・ヒル』『エリナー・リグビー』
慣れているはずなのに、なぜかこの日はいつもとは違って聴こえた。やっぱり今日はポールの調子がいい。

『フォーファイブセカンズ』
意外といけます。この曲。

『アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン』
以前サウンドチェック等でやっていたヴァージョンとは違い、オリジナルに近いスタイル。出来もよかった。

『バースディ』
これは本日のベストパフォーマンスの一つ。今まで聴いたライヴの『バースディ』で最高の歌と演奏だった。

全体として定番曲は平均以上、そして僕たち日本のファンには目新しい曲をたくさん用意してくれて、どんなファンにも十分に納得のいくすばらしいコンサートになったと思う。

夢のような日本公演2017もあと残すところ1公演となった。

改めてはるばる日本まで来てくれたポールに心から感謝したい。ポールありがとう!


上下巻で約1600ページ。しかもそれがビートルズデビュー前までという圧倒的なボリューム感。当代随一のビートルズ研究家、マーク・ルイソンが現存するあらゆる資料と徹底的なフィールドワークを駆使して紡ぎあげた最初で最後、唯一無二の真・ビートルズ史です。橋本リウさんも推薦。http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2017/04/post-101d.html


コメント
非公開コメント

最高でした!

たった今本日のコンサートを終えて帰宅(と言っても弟の家ですが)の途中です。
一昨年の大阪公演の後もすぐに書き込みましたが、今回も管理人さんも仰るように本当に素晴らしいライブでした。
高音の辛さは感じますが、75歳という年齢を考えると信じられないぐらいパワフルです。
弾き語りの時の声は繊細で、天然のエフェクターは健在でした。
思えば僕にとっては93年のツアー以来の東京ドームだったんです。もう24年も前でした。あの時同じ舞台に立っていたリンダはもういなく、「Maybe Im Amazed」では涙がこぼれました。
本当にポールがまだ生きていて、こうやって元気にライブをやっていることに心から感謝です。

2017-04-29 22:05 │ from nonsmokyURL

No title

nonsmorkyさん

そうですか、今日も良かったですか!よかった、よかった(笑)。
現在観戦記を執筆中なので、また読んでくださいね。
ポール最高!

2017-04-29 22:45 │ from Macca go go go 管理人URL

No title

管理人様、かつてないほどの速攻返しおよび拙ブログ記事のプッシュ、感謝に堪えません。 今アクセス分析を見たら、こちらのサイトからのアクセスがやたら多い(笑)…いや、笑っちゃいけません、私のブログは普段テレビドラマの感想ばかり書いているので、たまーに書くビートルズ関係の記事には普段の読者様はメチャクチャ食い付きが悪いんですよ(笑)。

それと、「あなたは本当のポールファンだ!」 には、不覚ながらジワっときてしまいました(ハハ…ちょっとオーゲサ)。 そりゃライヴを見るに越したことはないけどそこをワラゴマで明るくスルーしてましたから。 重ねて感謝申し上げます。

「マタキマス!」「マタアイマショウ!」 がない、というのがちょっと心配な今回のライヴ。 今晩のライヴでは果たしてあったのでしょうか? 約束しないとまた来ないからなポール…(笑)。 今回キャンセルしたんだから、次は絶対行きたいっ!

2017-04-29 23:07 │ from 橋本リウURL

No title

リウさん

「マタキマス」ありましたよ。
そして今回のライヴを見て確信したのは、絶対に次もあるし、ポールは大丈夫だということ。
今度こそアリーナで観てください。

2017-04-29 23:18 │ from Macca go go go 管理人URL

No title

コンニチハ!
27日、行ってきました^^
総体的に管理人さんの書かれているとおりで、素晴らしかったです。'15年のドームより精度が高かった気がします。Junior's Farmが聴けたのは僥倖でした。
「トウキョウドームー」「ビイトルズウウウ」面白かったし(*^▽^*)
個人的にいちばんよかったのは、
We Can Work It Out
In Spite of All the Danger
You Won't See Me
Love Me Do
の流れ。You Won't See Meではコーラス入れつつ涙しました。本当にうれしかった。
欲を言えば、武道館で演奏していたDrive My Car,Every Night
そしてできればI Saw Her Standing Thereも聴きたかったけど、そこまで望むのは欲深すぎるでしょう(^^;
私も「マタアイマショウ」を信じています。二年後か、早ければ来年にもまた…?
そのときには、管理人さんとお会いできればうれしいです^^

PS
私も入り待ちで写真撮れました♪
ちょっと遠いショットですが、言うまでもない永久保存データとなりました。

2017-04-30 18:02 │ from 千尋URL Edit

No title

27日、素晴らしい内容でしたね。私はCブロック前方から参戦でした。
「Junior’s Farm」「Letting Go」の両方が聞けたのは27日だけだったようなのでラッキーでした。私の周りでその2曲に興奮している人はあまり居ませんでした。いやぁ、ウイングスTシャツを購入した甲斐がありました(笑)
「Temporary Secretary」はセットリストから脱落して諦めていただけに大興奮。最初の5曲の内、ライブ初体験が4曲。この時点でこの日は私にとって今までで最高のコンサートになるのが確定したようなものでした。
更に中盤の「You Won't See Me」、予想していなかっただけに驚きと感動が・・・。初めて「You Won't See Me」を聴いて泣きました。
あとはアンコールの「Birthday」。この日誕生日のスタッフに感謝したいです。やっと生「Birthday」が聴けたのですから。

入り待ちで写真撮れた時のドキドキ感、わかります!2年前の大阪で、私も撮れましたが、コンサートの時より興奮しました(笑)今回はコンサートの内容も良かったので最高の思い出になりましたね。

2017-05-01 10:14 │ from にゃんパパURL

No title

27日、私も行きました。知人に25日の武道館では声の調子があまりよくなかったと聞いていたの心配していたのですが、杞憂に終わりましたね。

特にアコースティック・ギターで弾き語る曲では、高音がこの上なく美しく響き、これが75歳を目前に控えた人間の声なのかと感嘆しました。

「ジュニアーズ・ファーム」と「レッティング・ゴー」は、個人的にライブでは初体験だったのですが、やはりライブ映えする曲ですね。とてつもなくカッコいい演奏とボーカルでした。

この調子なら、確実に80歳まで行けますね。


2020年、新国立競技場でのリベンジ・ライブも夢ではありませんよ。

2017-05-01 19:37 │ from ゆうURL

No title

大変ご無沙汰しております。
今回は、30日の最終日のみとなりましたが、行ってきました。
昨年はYoutubeなどで聞く限り、もう駄目なのかと思いつつ、そんな思いを引きずりながら、最後までチケットも迷った挙句に最終日のみを取りました。
結果としては、そんな思いを遥かに裏切るパフォーマンスで度肝を抜かれるとともに、改めてこの人はレジェンドだと感じました。
最終日という事で、Hey Jude用の青いサイリウムが椅子に置かれており、それを10代から70代までの人達が振っている・・こんな光景はポール以外のライブでは見られないと思いつつ、感動しました。
Maybe Im Amazedの高音部では、思わず「頑張って」という声が出てしまいましたが、管理人様が仰る様に中低音部がしっかりしていたので、全体的には良かったです。
個人的には、いつもMCも楽しみにしているのですが、今回はGoldenWeekというフレーズがお気に入りだったのか、それを英語なのに片言で言っていたのが微笑ましかったです。
全体的には、ドームだけどすごくアットホームというか暖かいライブでした。
ただ、今回は席が1階席一塁側だったのですが、ステージのほぼ真横、ポールがピアノに移動すると完全に見えない・・にもかかわらずS席という、個人的には全く納得できない場所で、
唯一、それが残念でした。
「また、会いましょう。」と言う言葉を信じて、次なる機会を楽しみに待ちたいと思います。

2017-05-01 22:30 │ from keiserURL

No title

千尋さん

ポールの日本語は毎回笑わせてくれますね。
You Won't See Me よかったなぁ~。

モットキキタイ!!

2017-05-02 02:31 │ from Macca go go go 管理人URL

No title

にゃんパパさん

私も今回のセットリストは大満足でした。
Birthdayびっくりでしたね。大興奮しました。

2017-05-02 02:34 │ from Macca go go go 管理人URL

No title

ゆうさん

27日ホントに最高でした!
2020年国立あるある。こけら落としか?(笑)

2017-05-02 02:35 │ from Macca go go go 管理人URL

No title

keiserさん

最終日サイリウムあったんですね。うらやまし~。
ホントに会場全体があったかい雰囲気に包まれていましたね。
また見たいです!!

2017-05-02 02:37 │ from Macca go go go 管理人URL