『フラワーズ・イン・ザ・ダート』デラックスエディション日本版4月19日発売! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ソロ・リマスター日記 » 『フラワーズ・イン・ザ・ダート』デラックスエディション日本版4月19日発売!

『フラワーズ・イン・ザ・ダート』デラックスエディション日本版4月19日発売!

『フラワーズ・イン・ザ・ダート』デラックスエディション日本版4月19日発売!

発売日未定となっていたデラックスエディション日本版の発売日がやっと決まった。

とりあえず決まってホッとしているファンも多いことだろう。しかし・・・、毎回のようにやってくれるものだと思う。

場合によっては海外版の1.7〜1.8倍という値段をつけておきながら、具体的な延期の理由も示さず1ヶ月近くも発売日が延びてしまうとは・・・。

謝れば済むというものでもあるまいて、と思うのは僕だけではないだろう。

これでダウンロード音源のサポートもしないとは、いったいどういうことなのだろうか。

せめてせめてダウンロードページまでのアクセス方法と、ダウンロード方法の翻訳ぐらいはやるべきではないのだろうか?

今はインターネットというメディアがあるのだから、いくらでも可能なはずだ。

購入者に代わってあえて苦情を申し上げておきたい。

僕は特定のレコード会社にいかなる恨みも、心からの悪意も抱いてはいないが、とにかく毎回日本版がすんなりと気持ちよく発売日を迎えたという印象がまったくないのである。

いや、そんなことはないという方がいたら遠慮なくコメント欄に投稿していただきたい。

ともかく、まずは日本版の実売価格はどんなに高くても海外版の1.5倍までに抑えるべきである。そのあたりの企業努力なくして、すでに失われてしまったファンの信頼を回復することはけっしてできないと思う(個人的に)。

どうですか、日本版を購入した皆さん?賛同される方は拍手を!(こんな事書いてるファンサイト他にあるんかいな・・・)

Macca Go Go Go!管理人

キーボードを弾く方はぜひこの商品のカスタマーレビューをご確認ください。
これはビートルズファンにはとんでもない製品です。
『KORG 電子キーボード レノン&マッカートニー 100曲内蔵 Liverpool リバプール』




コメント
非公開コメント

No title

お邪魔します。

ビンボー人サイドの私ばかり発言してはほかのかたが委縮してしまうかもしれませんがご了承ください。

ワタシ、ユニバーサルにはもはや一片の信頼も置いておりません。
というより、MPLに対してかな~(笑)。 きちんとマッカートニー側が 「ファンサービス」 というものを念頭に置いていれば、たかが1枚のアルバムの極めて不完全な完全盤に2万8千円とか法外な値段をユニバーサルがつけることを許さないだろうし、ブドカンみたいなチケット代だって許さないでしょう。

要するに、ポールにファンのきちんとした声というのは、どんなルートであれ届いていないんだろうな、と。 ポールはファンサービスの人、という印象はあるが、いつの間にか都合のいいところしか見えていなくなっているのではないか、と。 もしくは見させてもらえてないか。

2年前のブドカンライヴを見ていていつも思うのですが、このときの会場のテンションの高さってハンパじゃない。
しかし私の目から見ると、「この人たちチケット代の元取ろうとしてテンション上げまくってたのではなかろーか」 みたいなように見えるんですよ(ひねくれた見方でゴメンナサイ)。 そら10万円も払ったら私だったらそうなるわ(笑)。 もしくは会場に入るまでの段取りの悪さとか、結局ライヴの時間がかなり削られたとか(いや時間の短さは既定路線だったのかもしれないが)、そういう不満も相俟ってテンションの高さにつながっていたのではないか、と。

それをポールのほうは 「みんながこんなに喜んでくれてる! ブドカン最高!」 みたいに感激して翌日に自転車で武道館まで再び行ったとか(ハハ)。 どうもファンの気持ちが曲がって伝わってるよーな(笑)。 いいとこしか見てないよーな(笑)。

ここ数年ポールを見ていて感じる、そうしたもどかしさが私をポールと出会う夢へといざなうのでしょうね(笑)。 「ポール、『マーサ・マイ・ディア』 をやらにゃイカン!」 みたいな(笑)。

まあ、ビンボー人ビンボー人と自らを卑下している私ですが(笑)「ビートルズ史」 みたいな高い本は買ってるし(笑)。 ただアーカイヴやチケット代に1万5千円とか2万円とかが苦しい程度なのです(それをビンボー人というのだ…)。

2017-04-01 07:54 │ from 橋本リウURL

No title

リウさん

最近、社会全体が本音を語ることに必要以上にビクビクしているという印象がありますよね。
一番悪いのはマスコミで、権力には立ち向かう勇気を持てないくせに、弱い個人ばかりを叩きに叩く。そして、我々市民もそういった風潮に完全に洗脳されてしまっている。

ここは民主主義の国なのか・・・と思うことがよくあります。

話がのっけから脱線しましたが、だからこそリウさんのような意見は貴重です。

私も、キレイごとばっかり並べて、都合の悪い事には目を塞ぐ、というブログにはしたくないので時々自分にも喝を入れるつもりでこんな記事書いています。

いっしょに昭和の頑固ジジイになっていきましょうか(笑)。

2017-04-01 22:59 │ from Macca go go go 管理人URL