新年特別掲載:2017年ポールが日本にやってくる!(2) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 日本公演2017夢日記 » 新年特別掲載:2017年ポールが日本にやってくる!(2)

新年特別掲載:2017年ポールが日本にやってくる!(2)

さて、それでは2017年日本公演の内容について見ていこう。

ツアータイトルはワン・オン・ワン・ツアー(One On One Tour)で去年のまま。日本公演はいわば第2章の始まりといえるだろう(ただし今後日本公演の前にツアーが入ってくる可能性はまだある)。

One On One Tourは昨年の4月から始まったが、ツアー初日から特にポールの声の調子が悪く、個人的にはひょっとしたらこれまでで一番コンディションの悪いツアーになったのではないかという感想を持っている。

その後調子は夏以降は少し持ち直したが、それでもOut There Tourの頃の平均的なパフォーマンスを100とした場合、総合的に見て70か80ぐらいだったというのがちょっと辛口な僕の採点となる。

正直言って、去年のツアーは途中からすべてキャンセルしたほうがいいのではないかと思っていたほどである(ごめんねポール)。

そんな折も折、突如としてキャピトルへのレコード会社移籍と、ニューアルバムの話が降って湧いて出てくる・・・。そしてポールは10月でいったんツアーを中断し、ニューアルバムの制作に専念することをアナウンスするのである。

結果的にこれは非常にタイミングが良かったと思う。ポールは明らかに休養、もしくは調子を整える必要があったし、前作『NEW』のアルバム発売から3年が経過して、ファンの間でもそろそろ新しいアルバムを待望する声が高まっていたからである。

そして2017年、最初のツアー開催地としてアナウンスされたのが我が国日本である。

場所:東京ドーム
日程:
4月27日(木)
4月29日(土、祝)
4月30日(日)

東京ドームのみの3回公演・・・

今回は東京のみということで、地方の方々にとっては厳しい条件となってしまったが、チケットの売れ方次第ではまだまだ追加公演もないとは言い切れないと個人的には思っている。だが、もし大阪や福岡で追加公演があるのならば、早めに発表してもらいたいとは思う。

それと、いちおう今回も武道館のあと出しジャンケンがあり得ることを頭の中に入れておいたほうがいいだろう。今回やるとすれば5月2日、3日あたりか??

チケット代はS席が18,000円で、庶民にとっては依然として目の飛び出るような金額であることに変わりない。が、ともかく前回より値上げをしなかったことだけはいちおう評価しておこう。

そして今僕たちの目の前にあるのは、悪名高きチケットぴあ最速先行抽選・・・。

知らない人は、最速先行ということでいい席が当たる可能性が高いと思うかもしれないが、それは大間違いである。

僕の過去の経験では、とてもS席とは信じられないような最後方の席が実際に「最速先行」で当選した前例がある。読者の皆さんの中にも同様の経験をした人がいるので、席については全く期待しないほうがいいことだけは覚えておこう。

結論からいえば、座席の場所を見ながら購入できるクラウドサージで買うのが一番よい。しかし、今回の公演をクラウドサージで買えるかどうかは未だ未知数であり、情報がない。というわけで、席はどこでもいいからとにかく絶対に1回分の公演だけでも確保しておきたいという人は、上記最速先行抽選に3日間ともエントリーしておくのがよいだろう。(結局僕もそうしてしまった・・・)

あと支払い方法もコンビニ払いにしておけば、もし当たっても支払わなければ自動キャンセルになるので、そのほうがあとでなにかと融通もきくことになる。

裏ワザ的な作戦としては、あとからチケットキャンプで落札する方法もある。僕は前回この方法で公演直前に4000円も安くS席を手に入れることができた。前回の印象ではポールのライヴチケットは思ったよりもダブついているなということだった。多少リスクもあるかもしれないが、チケットキャンプも最後の手段として覚えておきたい。

最後に今回のツアー時期についてだが、これがかなり微妙である。

個人的にはニューアルバムが出た直後の来日を期待していたのだが、昨年発表されたニューアルバムの発売時期は7月・・・。これは契約等のからみもあり、先延ばしになることはあっても、前倒しになることはないと思われる。したがって、今回の日本公演で待望のニューアルバムからの楽曲を生で聴ける可能性はかなり低いと言わざるを得ない。

ただ、リマスター版発売直後ということで『フラワーズ・イン・ザ・ダート』の曲を聴ける可能性はかなり高いといえるかもしれない。個人的には『フィギュア・オブ・エイト』を今のバンド演奏で聴いてみたい。

One On One Tourが不評であったもう一つの理由は、セットリストにあまり変化がないことだった。そういう意味では、今回の日本公演で演奏曲目を大幅に手直ししてくる可能性は十分にあると思っている。個人的には特にオープニングの『ハード・デイズ・ナイト』は他の曲に差し替えてもらいたいと思う。めぼしい候補がなければ『エイト・デイズ・ア・ウィーク』に戻してもらってもいいくらいだ。

最後に、今回の日本公演の早めの発表は、ニューアルバムの制作が順調に進んでいることを示すたしかなサインだと僕は勝手に思っている。おそらくすでに8割~9割方は完成していて、仕上げの段階にまで来ているのではないだろうか?もしこの推測が正しければ、ニューアルバムは発売までにさらなる微調整期間を経て、大変な自信作、大傑作として7月頃に僕たちの目の前にその全貌を現わすはずである。

ということで・・・
3月 アーカイヴ発売
4月 来日公演
7月 ニューアルバム発売

という、ファンにとって2017年はこれ以上望めないほどに幸せな日々が約束されている。いやあ、生きててよかったねぇ~。(特別掲載、完)

チケットぴあ:ポール・マッカートニー日本公演2017 最速先行抽選icon

Macca Go Go Go!管理人

コメント
非公開コメント

お邪魔します。

その 「悪名高い」 ぴあ最速先行予約にエントリーしてしまいましたよ(笑)。 私は夜勤人間なので、土曜日の夜しか空いてないんで、4月29日のヤツだけですけどね。

午前11時からってのが分かんなくて、午後3時くらいにやっちゃったから、もう期待はでけへんですね(いや、そもそもえらいランダムですからね~)。
よしんば当選したとしてもそれを買わなきゃいいのだけれど、買わなきゃどの席が当たったんだかわからない。 んもーなんとかならんか。

やっぱチケットキャンプが無難ですかね、クラウドサージが無理なのであれば。

それにしてもアーカイヴシリーズのインフレーション、なんとかならんもんですかね(笑)。 第1回 「バンド・オン・ザ・ラン」 のスーパーデラックスなんか、日本盤で9000円でしたよ?

2017-01-05 08:03 │ from 橋本リウURL

僕も最速抽選に3回とも応募しました。
是非、追加で屋外もやってほしいですね。
いつもオープニングはヘフナー持って、だけど、大きく構成を変えてもいいのでは。
最初の曲はピアノとか。。
いつかのパリ・オリンピア劇場では、オープニングはブラックバードを緞帳(ステージのカーテン)が下がったままでやり、
2曲目はDance tonightでだんだんとカーテンが上がるという設定で結構感動しました。

2017-01-13 10:24 │ from TakeⅡURL

お邪魔します。

どうも双方向でないとコメント書いても虚しいのですが…。

それはそうと、ポールがソニーATVを相手に訴訟を起こしましたね。 もともとはマイケル・ジャクソンがビートルズの楽曲の著作権を買っちまったことが発端で、それを機にポールとマイケルの仲は険悪化、でしたよね(笑)。 ポールが腹立ててたいきさつも知ってるから、今回は頑張れポール!という感じですけど、さてどうなることやら…。

フツーに考えれば、自分の作った曲の著作権はとーぜん自分にあるだろーっ、という感じですけどね。 ノーザン・ソングスがそもそも悪かったのか…。 今と違って昔の契約なんかミュージシャンのために出来てないですからね。

それはそうと。

最速先行予約ですが、当たったけど期限までに払わなかった(笑)。 2度あることは3度あるか、3度目の正直か、と迷ったのですが、購入してからチケットに書いてある座席の位置を見たときのあのどうしようもない絶望感。 アレを味わいたくないために(そしてチケットぴあに復讐の意味も込めて…笑)結局キャンセルしてやったぜ(ハハ…)。

こーなりゃチケットキャンプを毎日チェックだっ(ただまだ座席の確定したヤツが売りに出てない…)。 全部ダメだったら東京ドームまでまた入り待ちに行きます(こっちのほうが至福を味わえますんで…笑)。 ついでにパンフとTシャツも買ってこよう(外れるの前提で考えとるな…笑)。

2017-01-20 08:07 │ from 橋本リウURL