ポールの曲 “Mother Nature's Son(マザー・ネイチャーズ・サン)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Mother Nature's Son(マザー・ネイチャーズ・サン)”

ポールの曲 “Mother Nature's Son(マザー・ネイチャーズ・サン)”

僕がポールの音楽人生の中で、最高にクリエイティブだと思えるのはホワイト・アルバムの頃だ(1967~1968年頃)。この頃のポールの楽曲は質・量共にとにかくずば抜けている。

ポールの手になるホワイト・アルバムの主なナンバーを列挙してみる。

バック・イン・ザ・U.S.S.R.
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
マーサ・マイ・ディア
ブラック・バード
ロッキー・ラックーン
アイ・ウイル
バースデー
マザー・ネイチャーズ・サン
ヘルター・スケルター
ハニー・パイ

ため息の出るような名曲がズラリと並ぶ。
さらにこの頃書かれた「ヘイ・ジュード」「レディ・マドンナ」を加えると、それだけで1枚のアルバムが出来上がるほどだ。

まさにフォークからハード・ロックまで、よくぞ一人の人間が短期間にこれほどバラエティに富んだ楽曲を書き上げられたものだと思う。(本当に神は不公平だ!)

「ホワイト・アルバム」の素晴らしさについては、またの機会にゆずるとして、今日はポールが書き上げた不朽のフォークバラード「マザー・ネイチャーズ・サン」について語りたいと思う。

若い頃にこの曲を聴いたときには、アルバム全体の中でも音量が小さく感じられるし、まるで子守唄のようだし、いまいち目立たない曲という印象だった。だが、長く聴きつづけるうちに、だんだんと好きになった。今ではアルバム全体の中でも最も好きな曲の一つだ。

ジョンの猛々しいロックナンバー「ヤー・ブルース」のあとにこの曲が来る対比の素晴らしさは、アルバム「アビー・ロード」で「アイ・ウオント・ユー」のあとに「ヒア・カムズ・ザ・サン」が続くのに似ている。

この曲にはなんとも言えぬヒーリングの効果を感じてしまう。ひょっとしたら元祖ヒーリング・ソングなのかもしれない…。この曲を聴いて、とても心が落ち着いたり、癒された気分になるのは決して僕一人だけではないだろう。

それにしても、この曲全体を貫くピンと張り詰めた空気、緊張感はなんだろう。この表現できない独特の空気だけが、ポールのビートルズ期とソロ期の最も大きな違いではないかと思うことがある。ビートルズの曲には、どの曲にも一種独特の不思議な空気があるが、この曲はほとんどポール一人で録音されたにもかかわらず、再現不可能とさえ思えるほどの空気、緊張感に満ち満ちている。それゆえに、このオリジナルバージョンと比較するとき、バック・イン・ザ・U.S.ツアーでのライブ演奏はどちらかといえば失敗に終わっていると言わざるをえない。

「マザー・ネイチャーズ・サン」は、同じアルバムに収録されている「ブラック・バード」と比べると知名度ではかなり落ちるかもしれないが、楽曲的には決してひけを取るものではない。どちらも独創的なギターフレーズを含みながら、曲としての完成度も極めて高い。ギター1本で、ここまで聴かせる曲はそうそうあるものではない。

最近の曲の中では「カリコ・スカイズ」がかなりイイ線をいっている曲と言えるだろうか。だが総合的に見れば、「マザー・ネイチャーズ・サン」で昇りつめた高みにはポールは2度と再び立ってはいないというのが、僕の正直な見方である。




コメント
非公開コメント

お忙しいとは存じますがまたお邪魔いたします。

「マザー・ネイチャーズ・サン」 は、ギター1本なのかなあ?といつも感じています。 特に最終コーダ部分は、ローポジションとハイポジションの組み合わせっぽい。 ギター2本のユニゾン、という感じがするんですよね。

その最終コーダ、「カリコ・スカイズ」 で同じパターンを使っています。 コードDのバリエーションです。 ただし 「カリコ・スカイズ」 はまったく逆。 「マザー・…」 は音階をだんだん上げていくけれども、「カリコ・…」 は下がっていく。 コードDで展開していく構造って、「ディア・プルーデンス」 にも応用されてるんですけど、ジョンとポールと、どっちのアイディアなのかなあ? 源流は、「ワーズ・オブ・ラヴ」(「フォー・セール」)なのかもしれませんです。

「マザー・…」 はピッキング(弾くほうの指使い)が、なにしろ難しい。 ポール・サイモンは結構ギターの基礎知識の応用、という感じなのですが、ポールの 「マザー・…」 はカーターファミリーとも違う、すごく独自のピッキングをしてます。 弦の押さえ方もかなり指が長くないときつい部分がある気がするのですが、簡単に押さえられる方法があるのかもしれないです。

なにしろ、コピーしているつもりで本当はなってない気のする曲であります。

2011-10-24 09:24 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。レコーディングは本当にギター1本だったのか?あまり細かい事にはこだわらない私には知るよしもありません(笑)。でも、少し資料を調べましたら、たしかに最後のところはポールがアコギでオーバーダビングをしているようです。それ以外は個人的にはギター1本と信じたいところですが・・・。このあたり詳しい方いましたら、また教えていただきたいですね。
リウさんの解説にはいつもヘエ~、と唸らされます。

2011-10-25 02:00 │ from 管理人URL

感激

この記事を見てあなたのブログは頻繁にチェックしようと決めました。
この曲に関するこんなに的を得た解説は見たことがありません。
ヤーブルースとの対比の美しさ、一貫した不思議な緊張感…
多くの人が頭の中で分かっていながら言葉では表現出来なかったことを的確に書けるあなたたの表現力に感動しました。凄いです。
ケイオスの記事もみました。
too much rainを2位にするとこもセンスいいですね(^.^)

2013-11-22 17:12 │ from TaishiURL Edit

Taishiさん
コメントありがとうございます。ここまで褒められたことはほとんどないので、単純に嬉しいです。が、実はこの頃のホワイトアルバムに関する記事は自分でもけっこう自信あったんですよ、鋭い!でも反響ほとんどなくて内心ガッカリしたのを覚えています。
いちおうどこにもないオリジナルな記事を書くことだけにはこだわってやってきました。そのため、ポール、ビートルズ関係の本、批評、ネット記事等は極力読むことを避けてます(知らずに影響されるので)。またヒマなときにでも拾い読みしてみてくださいませ~。

2013-11-23 02:07 │ from 管理人URL